製作実績

製品情報

名称

装置センサーカバー・ケース

業界 その他 加工分類 レーザー切断加工
曲げ加工
ガスシールド溶接
塗装・表面処理加工
板金溶接
材質 スチール 寸法 220mm×120mm×120mm 板厚 3.2mm、12.0mm(底板)
特徴

こちらの製品は、産業機械の一部品として使用するセンサーカバー・ケース品です。

鉄系の材料をベースとしており、加工後に3価クロメート処理を施しています。

用途としては、産業機械で使用するセンサーカバー・ケースであり、

写真にあるように、内部には電子部品を固定するための溝・穴等が設計されており、

各々の加工は、機械加工により社内で行いました。

詳しい加工プロセスとしては、大判の板材から必要なサイズ・形状の部品の切断を行い、

その後、曲げ工程・ケースの組立を行う溶接工程をはさみ、最後には溝・穴部分の加工である

マシニングによる加工を行いました。

 

写真にある底面と穴部分の加工は最終のマシニング工程で行っていますが、

溝切り部分などは溶接前の部品レベルで加工を行い、その後溶接を行っている板金組立部品となっています。

写真を見ると、加工は非常に簡単な製品のように見えますが、板金加工業の企業だけでは加工が難しく、

機械加工の企業では対応ができない製品であり、発注先に困る製品であると言えます。

 

センサーカバー・センサーケースなどの板金加工品・製缶加工品でお困りの方は、

溶接板金加工.comにお任せください!!

 

底面の平面度要求があるもので、取り付け部品となるために