製作実績

製品情報

名称

深曲げブラケット(材質:SS400 業界:産業用機械)

業界 その他 加工分類 レーザー切断加工
曲げ加工
ガスシールド溶接
板金加工(溶接無)
材質 スチール 寸法 250㎜×250㎜×120㎜ 板厚 6.0mm
板金加工品(深曲げ加工品)
特徴

写真の製品は、産業用機械で使用する指示ブラケット部品です。

こちらの製品の特徴としては製品に曲げ深さがある点で、
一般的な製缶加工業では加工が難しく、溶接込となるように構造の変更提案がなされる場合が多々あります。

当社の加工品は全般的に言えることですが、
非常に特徴のある加工、もしくはお客様が発注先に困っているような製品が非常に多くあります。

この深曲げ加工というのがどういうものかというと、
一般的な曲げ加工と違って、曲げ代(曲げ高さ)が長い(高い)というものでベンダー機によっては加工が難しく、
対応不可と断られるような場合もあります。

今回の製品の場合においても、このぐらいのサイズの曲げRであると、2段階曲げという手段を用いて加工が行われます。
2段曲げについては詳しくは、技術情報に記載をしていますが、簡単に言うと中心位置を内外に何回も曲げるので、
製品自体が伸びたり、強度が弱くなったりしてしまいます。

その結果、お客様が満足いくような品質に仕上がることが難しく、
客先不良なども起きていたとのことでした。

そこで当社では、建設機械という業界を中心に仕事をしてきた関係上”強度”、
”外観品質”の面で大きいRの加工を求められることが多く、加工ができるようにグースネック金型と呼ばれるRが大きい、深曲げ加工が可能な金型を保有しています。

その為、お客様から単品・試作の深曲げ加工に対して、すぐに対応をすることが可能となっており、新たな金型費も不要のため、コストメリットも十分に提供が可能です。

量産品となると深絞り加工を選択しますが、今回のような単品小ロットの製品の場合には、当社にお任せください。